トップ > ニュース > 野球特別展プレーボール!始まる-北海道博物館

野球特別展プレーボール!始まる-北海道博物館

2017.07.12

道内の野球にまつわる歴史や文化を約550展の資料や写真で伝える「プレーボール! 北海道と野球をめぐる物語」が札幌市厚別区の北海道博物館で始まった。同展はリトルシニア北海道連盟も協賛している。
展示は1876年(明治9年)の札幌農学校開校直後に、若い米国人教師らによって野球が伝えられたことを示す歴史的な文書や、2004年、2005年に駒大苫小牧が夏の甲子園を連覇した際の優勝盾や映像。更には社会人野球に関する資料や、野球ゲーム器の変遷なども知ることができる。プロ野球関連では、昨年日本一を達成した北海道日本ハムの写真や優勝ペナント、大谷選手らの等身大のパネルが展示されている。
夏休みの自由研究に一助になるほか、北海道の野球の全容がわかることから、是非とも来場して欲しい特別展だ。
午前9時半~午後5時、9月24日まで(月曜と7月18日、9月19日は休館。7月17日と9月18日は開館)入場料は一般千円、中学生以下は無料。

関連ファイル

検索メニュー
◆試合結果 (チーム名から検索)

◆大会結果
(大会名から検索)

◆チーム紹介 (チーム名から検索)